誘導灯の設置基準

消防法に基づく非難口、非常口の誘導灯の設置基準、概要表の解説。誘導灯の設置基準は、「建築基準法」及び「消防法」によって施設の規模に応じて一定間隔に設置する事が義務付けられております。

誘導灯信号装置の特徴

 誘導灯信号装置とは、誘導灯の点灯、消灯を自分で管理する為の装置の事じゃ。

 ビルや商業施設などでは主に
●管理室
 などに設置されている
●白色の家庭用ブレーカー
 のような形状をしておる。
◆誘導灯信号装置概要(⇒続きを見る)

誘導灯信号装置で経費削減

 誘導灯は基本的に24時間作動している事が条件となっておる。

 しかし、自社ビルなどを保有していて、深夜は完全に誰もいなくなるようなケースでは、その電気代が無駄となってしまうのお。

 このようなケースでは、信号装置の電源をOFFに設定する事で経費の節約も図れる事となる。
◆誘導灯信号装置で経費削減(⇒続きを見る)

高輝度蓄光式誘導灯について

 高輝度蓄光式誘導灯とは、経費削減の為に開発された蓄光式の誘導灯の事じゃ。

 高輝度蓄光式誘導灯は、
●誘導灯のランニングコスト問題
●常時点灯に伴う環境に与える問題
◆高輝度蓄光式誘導灯について(⇒続きを見る)

高輝度蓄光式誘導灯の素材と特徴

 素材は高硬度石英成形板と呼ばれる
●天然石英の粉砕粒
 を少量のMMA樹脂でバインドした素材じゃ。

 高硬度石英成形板の特徴は、
●表面の硬度が高い
●耐摩耗性・耐久性に優れている
●長時間の残光性がある
●科学的エネルギーを必要としない
◆高輝度蓄光式誘導灯の素材と特徴(⇒続きを見る)


誘導灯の設置基準の解説(メニュー)