誘導灯の設置基準

消防法に基づく非難口、非常口の誘導灯の設置基準、概要表の解説。誘導灯の設置基準は、「建築基準法」及び「消防法」によって施設の規模に応じて一定間隔に設置する事が義務付けられております。

誘導灯の点灯保持時間の規定について

 誘導灯は、非常時や災害時に確実に避難誘導する事が本来の目的じゃ。

 その為、災害の発生時の停電時などでも、誘導灯としても能力が保持されるものでなくはいけない。

 この災害時の誘導灯、非常灯などの点灯保持時間は
●消防法
●建築基準法
 によって規定が定められておるのじゃ。

消防法施行規則・建築基準法施行令の規定

 誘導灯、非常灯の消防法施行規則、建築基準法施行令の点灯保持時間の各規定は以下の通りじゃ。

【誘導灯】
●法律規定 ⇒ 「消防法施行規則」
●記載 ⇒「第28条の3項」
●指定基準 ⇒ 点灯保持時間連続20分以上
【非常灯】
●法律規定 ⇒ 「建築基準法施行令」
●記載 ⇒ 「第126条の5項」
●指定基準 ⇒ 点灯保持時間連続30分以上

誘導灯について(豆知識)

 誘導灯は、長方形型のボックスに「白」と「緑」で矢印や絵文字が記載されているものです。(下図参照)

 意識して見る事は少ないかもしれませんが、誰もが一度は誘導灯を目にした事があるのではないでしょうか?

 非常口、非難口を示す誘導灯は、人が走るマークをしており、非難のイメージを視覚化した誘導灯です。

誘導灯

 この非常口のイメージ図は実は日本で考案されたもので、多摩美術大学教授の太田幸夫氏がデザインをされたものです。

 このような視覚的な誘導灯は、非常口に限らず公共施設、空港などで幅広く利用されております。

誘導灯の設置基準の解説(メニュー)