誘導灯の設置基準

消防法に基づく非難口、非常口の誘導灯の設置基準、概要表の解説。誘導灯の設置基準は、「建築基準法」及び「消防法」によって施設の規模に応じて一定間隔に設置する事が義務付けられております。

誘導灯の設置基準の解説(メニュー)

誘導灯の点灯保持時間の規定
 誘導灯は、非常時や災害時に確実に避難誘導する事が本来の目的じゃ。その為、災害の発生時の停電時などでも、誘導灯としても能力が保持…(続きを見る)

消防法による誘導灯・誘導標識の設置基準概要
 誘導灯の設置基準は、消防法によって区分ごとに分類して定められておる。その為、設置を検討する際は、まず誘導灯を設置する建築物…(続きを見る)

誘導灯を必要としないケース
 消防法では、基本的に一定間隔において、誘導灯の設置義務を規定しておる。しかし、非常口などが明らかにすぐに見渡せる範囲…(続きを見る)

誘導灯の設置場所・設置間隔の基準
 誘導灯の設置場所についての規定は消防法によって定められておる。設置場所の基本的な概念としては…(続きを見る)

誘導灯のランニングコスト問題
 誘導灯の設置義務化に伴って問題となったのが、誘導灯のバッテリーの問題じゃな。そして更に、非常照明…(続きを見る)

誘導灯信号装置概要
 誘導灯信号装置とは、誘導灯の点灯、消灯を自分で管理する為の装置の事じゃ。ビルや商業施設などでは主に…(続きを見る)

高輝度蓄光式誘導灯について
 高輝度蓄光式誘導灯とは、経費削減の為に開発された蓄光式の誘導灯の事じゃ。高輝度蓄光式誘導灯は…(続きを見る)



誘導灯の設置基準の解説(メニュー)